新車の値引き額と交渉術

カローラの例

では、分かりやすく説明します。(愛車がカローラの場合)

 

(例)170万円のクルマを購入予定、下取り車はH10年式のカローラ

 

この場合、ディーラーの営業マンに、値引き額が35万円、 カローラの下取り額が20万円、
合計55万円の下取り値引きです、と言われたとします。

 

例

つまり、あなたが払うことになる支払総額は、 170万円から55万円を引いた115万円となります。


ここで考えなければいけないのは、前のページで説明した 『駆け引き用の値引き』。

つまり、ディーラーに提示されたカローラの下取り額の20万円という部分が本当なのか?
ということです。

 

というのは、仮にカローラの下取り額の相場が30万円であっても、20万円と伝えておき、差額の10万円を値引き額に上乗せしておけばどうでしょう!?

競合ディーラーやネットの口コミで書かれている値引き額よりも大きく値引きしてもらった感じがしませんか。

 

NEXT